情報収集

注文住宅はハウスメーカーや工務店で自分の好みにあった住居を建てることができ、自由度が高いといえます。まずは自分がどこにこだわりを持ちたいかを決めることと、高い買い物であるが故に、予算も念頭に入れて情報収集する必要があります。

注文住宅を建てたい!情報はどう集める?

将来的に長く暮らすことができる注文住宅を建てるには、時間を掛けて各地の評判が良いハウスメーカーの情報収集をすることが大切です。中でも、住宅の外観や間取り、家具など様々なところに気を使いたい場合には…

Read more

失敗しない注文住宅のために!情報を集めよう

夢のマイホーム建築にあたり、注文住宅で家を建てるなら準備をしっかり行うことが重要です。事前準備をしっかり行わずに注文住宅を建ててしまうと、思わぬところで失敗し後悔することがあります。事前準備段階と…

Read more

こだわり

どこにこだわればいいか、分かりません!

これから注文住宅を建築する予定があるならば、耐震性にこだわった住宅をつくりましょう。現在の法律上、どのような住宅を造ったとしても、一応は震度7程度の揺れに耐えられるような設計になりますが、それでも…

Read more

理想の注文住宅、こだわりを詰めるには

こだわりの詰まった注文住宅を建てるコツとして、全体のテイストを確定することがまず大事です。ナチュラルな家にするのか、個性溢れるアメリカンな雰囲気にするのか、それとも純和風でいくのかなど、家のイメー…

Read more

どこにこだわるべき?注文住宅

注文住宅を建てる場合は、自分の理想を叶えるためのこだわりをたくさん盛り込めます。しかし、どこにどのようにこだわってよいのか、分からない場合もあるでしょう。そのときは、自身と家族のライフスタイルを考…

Read more

情報収集が決め手!理想の注文住宅

多くの住宅会社が集まるモデルハウス

住宅には購入者が自由に建てられる注文住宅と住宅会社が企画などをする住宅があります。住宅会社が企画する住宅だと妥協しないといけない部分が多くなります。注文住宅でも妥協点はあるでしょうが、妥協するにしても自分で決められる分後々納得しやすいでしょう。いざ注文住宅を建てようとすると業者から希望を聞かれるでしょうが、基本的な知識がないと希望自体がわかりません。そこで多くの住宅会社が集まるモデルハウスに行って、各社が企画する最新の住宅から情報を得ましょう。今流行の間取りであったり水回りの設備などの情報がたくさんあります。モデルハウスを見ると少しずつ希望の住宅を頭の中に描きやすくなり、業者に伝えやすくなるでしょう。

素人が分かる情報とプロでないと分からない情報

住宅の設計などをするのは建築士の資格を持っている人です。住宅を建てるときどんな建物でも良いわけではなく、建築基準法などの法律に準じていたり、土地ごとの制限への対応も建築士が行ってくれます。建物の強度であったり素材などプロしか知らない知識を持っています。一方住宅の注文をする人は基本的に建築に関しては素人で、建築士のようなプロの知識を持っていません。注文住宅を建てるときには情報が必要ですが、素人でも分かる情報とプロでないと分からない情報があるので区別して収集するようにしましょう。建築方法や素材などはプロの方が詳しいので素人は無理に首を突っ込まずにプロの提案から選ぶと良いでしょう。水回りなどの設備情報はメーカーのカタログなど素人でも簡単に収集ができます。

注文住宅は自分好みの家をつくれます

家は一生物の買い物です。住み心地が良くなるように、自分で空間をデザインした注文住宅にするのもひとつの方法です